海外スポーツ講習会

海外スポーツ講座への派遣

  公益財団法人ユーハイム体育・スポーツ振興会は、本財団が、TAFISA(国際スポーツ・フォー・オール協議会)が主催する“第25回TAFISAワールドコングレス”並びにTAFISA CLC(認定指導者講習会)にスポーツ指導者を派遣することで、兵庫県下で中心的な役割を果たす人材を育成することを目的にこの事業を実施いたします。TAFISAは、1991年に設立された生涯スポーツの推進を目的とする国際団体で、100を越える国と地域から150以上の組織が加盟し、現在、ドイツ・フランクフルト市に非営利団体として法人登録され、本部が置かれている。TAFISAは、スポーツ・フォー・オールの国際統括団体として認知され、IOC、ユネスコ、WHO等と協定を締結しています。
TAFISAJAPANは、日本の生涯スポーツの推進を目的として1992年に、日本体育協会、健
康・体力づくり事業財団、笹川スポーツ財団、日本レクリエーション協会の4団体により設立さ
れ、現在、TAFISAJAPANの事務局は日本体育協会(国際課)内に置かれています。

兵庫県スポーツ指導者派遣事業を実施いたしますので、募集にあたり実施要項を作成いたしました。
詳細資料の参考といたしまして、事務局の受講者募集要項とスケジュール概要をご覧ください。

受講者募集要項とスケジュール概要の変更の報告

募集時点では、“第25回TAFISAワールドコングレス”並びにTAFISA CLC(認定指導者講習会)の2つの参加をメインでお知らせいたしましたが、ホスト国の韓国側の都合で、スケジュールが重なってしまいました。メインのTAFISAワールドコングレス(国際会議)出席を主として、TAFISA CLC(認定指導者講習会)には、参加できませんでした。研修旅程を変更して、来年開催の冬季平昌オリンピックの直前視察ツアーなどをテーマに切り替えました。